昨日からデイトレ再開

昨日からデイトレードを再開しました。

昨年も少しの間、デイトレードのマネごとみたいなことをしてみましたが、
利益の割に、チャートを無意味に見ている時間が長かったり、
デイトレはテクニカル分析が最重要だと思うのですが、まったくわからなかったし、
ファンダメンタルズ分析も必要なのも軽視してました。

この失敗を踏まえて、昨日からデイトレードを再開しました。

とものいうのも、パナソニックや日産の株を保有していたのですが、長期保有で購入したのですが、
僕の思惑とは裏腹に株価が乱高下しているだけで、完全に分析を見誤りました。

なので、この2銘柄が昨日、値上がりした時点で売却しました。
昨年と比べてみれば、トレンドが下降になりそうなタイミングで売却しました。

利益としては、1万円くらい(税引前)でした。

上記の2銘柄を売り、さいきん連日上昇しているマネックスGを200株買いました。
マネックスGの傘下に仮想通貨関連があるからか、連日株価が上昇してました。
中長期保有目的で購入したので、日足以降のローソク足を参考に購入しました。

そして、今日は、昨日の取引の「出来高ランキング」を元に今日買う銘柄を選びました。

今日は「日本航空」を購入しました。前日終値で指値注文したのですが、前場開始前に板を確認すると
成り行きの買い注文が多かったので、注文を指値から成行に訂正しました。

2050円で約定しました。前日終値の+20円。

約定してから、15分くらいで短期的にみると下降トレンドにかわったように見えたので売り注文を出しました。

2104円で約定しました。利益は5400円(税引前)でした。

このあとマネックスGの株も売却しまし、日本航空とマネックスGの譲渡益は税引き後 9440円でした。

デイトレードを再開してみて思うことは、デイトレード=株取引ではなく、FXや先物など手段を増やしたほうがいいと思いました。
…いや、そのまえに信用取引で空売りを覚えたほうがいいのかな。

今日の反省点は、マネックスGの株を購入した目的が中長期だったのに、わずかなトレンドの変化で売却してしまいました。
売却後、一瞬値下がりして、また値上がりしてましたので、売らないほうが賢明でした。

やっぱり、購入したときに決めたルールを徹底して守ること。これ重要ですね。
いろんな書籍で、「ルールを守る」っての必須項目みたいなのも納得です。

今日の失敗は明日の糧にしていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です