ダイエット

昨年から肥満を気にしだし、ダイエットを意識した生活をはじめた私。
体重10kgほどは、比較的簡単に減ったのですが、それ以降はピクリとも体重は減らず、むしろ上昇傾向。

…上昇傾向、貯まってうれしいものなら大歓迎のことですが、
平均体重を大幅に超えたわたくしの体重には、体重の上昇傾向は、同時に死亡率の上昇を意味すると思います。

それに加え、昨年の秋頃から「脳が疲れてブドウ糖が必要」と言い訳をして、
チョコなどの甘いものを食べる量がわたくし。気づけば、体は重く、漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウが
怒った時に上半身のシャツが破れるほどまではいってませんが、まぁ私の場合はお腹周りの衣類がはちきれんばかりのパンパン状態。

あー恥ずかしい。

肥満ネタでいえば、靴紐を結ぶのがこんなに大変になるとは思いもしませんでした。
挙句の果てには、おしりを落とししゃがもうとすると、お腹と太ももの圧に耐えかねて、
後ろに大きくのけぞり、転びます。…きっとこれは重力の問題でしょう。(言い訳)

食事制限だけでは、わたしの場合はもう体重は落ちていかないみたいです。
ということは筋力低下による、基礎代謝に低下。これが肥満の原因ですね。

と、こんなことはだいぶ前からわかっていても「めんどくさい」「くるしい」「ご飯食べたい」と実行できません。

それでは、スポーツジムに通うのも考えました。妻も絶賛、体重増加傾向にあるので、一緒に通えば一石二鳥かなと。
ただ、あらためて考えてみると

「今できないことがスポーツジムに入会しただけで改善できるの?」

ってことです。

わたしの考えというかポリシー上、今あるものを大切にできなければ新しいものも大切にできないと考えます。
これって、今日は暇だからゆっくりやろう。とか今日は忙しいから急いでやろうとも私は同じ考えだと思っています。

今できないことは明日もできない。暇な時にゆっくりしてしまえば、忙しいときは疲れるしミスが起きやすいと考えます。
だから、私はこれらをしないように心がけています。仕事では。

なんで、仕事ではできてプライベートではできないのでしょう。これってわたしのポリシーに反してますね。いま知りました。
かなり前からゲームは長時間でも続けられるのに、勉強となると数分が数時間に感じられるし、長時間続けられないことに疑問をいだきました。

まだ解決方法はわかりませんが、私自身のポリシーを仕事でもプライベートでも関係なく実行すれば解決できそうですね。

がんばります。

※これは私のポリシーは個人的な重要視していることであり、他人もそうあるべきだとは全く考えていません。自分自信がそうありたいだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。