夫婦喧嘩

結婚して4年、気づけば毎日…顔合わせたらかな?それくらいの頻度で夫婦喧嘩をするようになりました。喧嘩の場から離れると、いつも「なんでやさしくできないんだろ?」「なんであんな汚い言葉を妻に言ってしまうんだろ?」と、自分の愚かさを反省しますが、また同じシチュエーションになれば、理性を保てず妻と喧嘩をしてしまいます。

この状況を変えたい。

独身の頃、わたしはこう思っていました。

「喧嘩ばかりしている夫婦の元で育った子供はかわいそう」

「喧嘩ばかりしているなら、いっそ別れたほうがいい」

「お皿洗いや水仕事は妻に頼らず自分がする」

はて、いまはどうでしょう?悲しいかな悪いことはでき、良い事はできていない始末。自分が情けないです。

結婚してしばらくの間は喧嘩はほとんどなかったです。ましてや、わたしが妻に罵声を浴びせることなど一度もありませんでした。

どうしてこうなったんだろう?思い当たること(いいわけかも)を列挙していきます。

  • 身内の借金で家を失うことになり金銭的に不安
  • 妻のことをわがままだと思うようになった
  • 私自身が决めた目標を一つも達成できてない

大きな思い当たることは、この3つかな。

私の妻は、外国人です。だからか、よく些細な会話でもケンカします。言ったことが伝わっていない。これは国際結婚をした時に覚悟していたことなのに、気づけばできていない。

身内の借金で家を失うことになったのですが、債権者に競売に土地を半分(債務者が土地の半分を所有のため)かかっていますが、債権者との交渉し任意売却で話がついています。

妻のわがままは、話せばきりがないけれど、外国人ということがあり、日本で生まれ育った私とは考え方が違うのは当たり前でして、僕が大人になるしかないのかなと思います。年齢は妻のほうが下ですが、精神年齢の低さはわたしの方だとも思っていますが、思っているだけかもです。

一番の理由は、私自身で决めた目標を実行できていないことだと思います。結局は自分の責任であり、それがいらだちとなり些細なことで妻にあたっているのかと思います。最低なやつですワタクシ。

さっき、大きなケンカをしてしまったので、ブログをはじめたので書き留めておきます。

妻が娘を出産した直後に救急車で市立病院に運ばれ意識が戻った時に二人して泣いて喜んだこと、その時にわたしの家族は妻と娘しかいないと悟ったこと忘れていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です