株式投資に挑戦

昨日からずっと挑戦したかった株投資をしてみることに。
実をいえば、コロナ渦が始まった頃に投資信託を始め、株投資もちょっとしたことありました。

数カ月かけて合計で45円程度の黒字(ここから所得税15%、住民税5%、特別復興所得税0.315%)
ちょっとの黒字を出したかと思えば、得体のしれない株価が高騰していた会社と大企業なのに株価が安かった株を買い、
数日で1000円くらいの赤字をだしました。

今回は、コロナの影響で株価が下がった頃から欲しかった会社で誰でも知っている企業の株を買います。

株の買い付け依頼を出したあと、すぐに株価が5円程度下がりました。指値で買いたかったので単元株で買ったため500円の含み損です。
以前は、チャートは見てもわからなかったし、自分の感覚だけで買っていました。

しかし今回はチャートを見て「これなら大丈夫」と思っての購入。じっと耐えます。(時間が長く感じましたが購入から10分程度の話)

徐々に株価は購入時の価格に戻り、板で売り注文より買い注文が多いのを確認しつつ。子供と遊んでなるだけ株を気にしないように努めましたが…
はじめての数万単位での投資だったため、やっぱり気になります。

「なるほど。経験のない投資額では気にしない方が無理ということですな」

前場が終わった時点で株価は5円上がり、午後場でも5円ほど上がり、本日の収益は500円でした。投資額は36500円でした。
この株は、数週間保有するつもりです。

今日思ったこと、インデックス投資や債権など長期で保有するものを75%〜90%程度に抑え、残りはデイトレードなどリスクをとって運用するのが個人的には向いているのかなと思いました。

...取引所が終わってから、株価の高騰下落ランキングを見ていたら気になった会社(聞いたこともない会社)を見つけチャートを確認したら、わたしでもわかるような値上がりしそうなチャートに思えたので、投資資金ではないお金をつぎ込み買い注文だしました。

「投資は余剰資金」でという言葉を思い出します。

生活資金や貯蓄などをきちんとして、余剰資金を捻出していけば自然と心に余裕が生まれるものかなと思いました。
わたしが、余剰資金ではないお金を使い株の買い付けに使ったのは明らかにギャンブルであり、こんな選択をする頭ではわたしが目標とする投資戦術はできません。

ただ、何事も経験しないとわからない未熟者のわたくしなので、今回だけのギャンブルにしたいと思います。
…が、もし望みどおりチャートが動いたら「天才」とか自画自賛して、天狗になっちゃうのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です