感染拡大

コロナ渦がはじまってから2年が経ちました。

コロナ渦になって、飲食店や旅行関連の会社は大打撃を受けていましたね。
タクシーなどもすごい売り上げ減少だったのに、給付金などの対象にはならないような話を聞きましたが本当かどうかは謎。

コロナ渦でバブルを味わっていたのは食品スーパーですね。
わたしは、スーパー向けの物流センターで働いていたのですが、毎日が年末みたいな物量でした。
店頭にいっても、カップ麺やペーパー類、納豆などあらゆる物が店頭から在庫がなくなっていました。(2020年4月頃?)

いまでもマスクがコロナ渦より高値で販売している小売店がありますが、オーケーなどのスーパーではコロナ渦前よりも良い品質のものが安価で売られています。

昨年、オリンピックが開催されている頃に、コロナ感染者数が爆発的に上がりました。
海外から他国の人が入国しているのはわかりますが、オリンピックは無観客で開催されていたし、人手もいまよりも少なかったのに、感染者は増加していました。

冗談半分、昨年まで働かさせて頂いた会社の人に「この会社のせいですね」と言っていました。
ともいうのも、なんでこの会社が感染を広めたと思うのかと言うと。

某卸会社の関連会社で、コロナ感染者…クラスタクラスで発生しました。
私はこの卸会社で働いていたのですが、コロナの対策はお粗末すぎました。

コロナ渦が始まり1年以上経過しても体温チェックすら、ない場所もあったり、
そもそも入り口が何箇所もあり、好きなような出入りしているから、コロナ感染者がうっかり職場にきても誰も気づきません。
というか、ノーマスクもいたし、会社の責任者のような人もノーマスクでした。

いまどきこんな会社があるとは驚きです。

クラスタ発生は、後日聞きましたが、そのうわさ話を聞く前に私は体調を崩し、人生初の肺炎になりました。
肺炎のせいで、熱が上がり、PCR検査を受けましたが、陰性でした。

この陰性の報告を当時の会社の上司に話した時「よかった」と言われたとき、心配されていたんだと嬉しくなりました。
が、この「よかった」はクラスタ発生してたから卸会社にも感染者が出たかと思ったけど、陰性でよかった。ってな意味だったみたいです。

それを知った時、すごい怒りを感じました。

なぜかというと、友人の薬剤師さんにウィルスについて聞いた時、ビニールなどのつるつるした表面にウィルスが付着すると数日生きる可能性があると言っていました。
※この話は薬剤師さんに聞いた話を無条件に鵜呑みにしました。

某卸会社でビニールやプラスチックのような容器にいれて店頭におろすのですが、
感染者が集まったところで製造し、ウィルスまみれの品を店頭に降ろしていたと考えられます。

ちなみに、工場から返却されたビニールなどは、感染リスクがあるからそのままビニールは捨てる。という処理をしていました。
なのに、お客さんが集まるところには、ウィルスまみれの恐れがあるものを販売していたことになります。

無責任にも程があります。

これに僕は頭にきてます。退職の願いを出したときに話をした上司たち。
そのとき直属の上司ははっきりといいました。

『もうコロナは増えることがない』

確かに、この話し合いをしたときは感染者数は嘘のように少なかったので、今後増えることがないという見方もできたかもですが、
僕は日本を除く他国では、感染者数は高いままだったので、今後日本の感染者数が増えないと言い切るのは
神様だけしかできないと思っていたのですごい違和感を感じました。

この会社の短縮名は「ぜんのう(全能)」(※漢字は違います)だったので、神様だったということなのでしょうか。

そして年明け、オミクロン株が一気に増えて…2日連続で過去最多の感染者数。
毒性が低いと噂ですが、そんなのかかってみないとわからないと思います。
食べ物であれば「今回のはおいしい。前回のはまずい。」で済みますが、
コロナはウィルスですし、もし、いろんな株に感染した人がいたとして

「うーん。前回より毒性少ないから今回のはコロナは心地よく感じるね」 

なんて言える人いるのでしょうか?
もしいたとしたら、よほど体が強い人だけと思うので、凡人の私から感染したくないです。
それに、私が感染すれば、家族も感染するので、一番これが怖いです。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。