仮想通貨と日本株

一昨年末から上昇トレンドが続いていた仮想通貨が、11月半ばに完全な下降トレンドに転換しました。
5月のも急落をしましたが、このときはあまりの急落で利益確定したい気持ちでいっぱいになりました。

いっとき増えた資産は、利益確定をしていないのに、自分のものに感じているからなのでしょうか。
不思議なものです。

それから、また上昇トレンドに転換して昨年の11月に高値を更新しましたが、そこからまた上昇トレンドになりました。

下降トレンドが始まってから、コップにヒビが入り少しずつ水がなくなっていくように、下落していきました。

が、1月21日の午前2時から下落が始まり、11時間で11%下落しました。

こんなに急激に下落すると、少しでも利益確定したい気持ちになります。…どうしよう。

昨年の5月は、ずっと長期で保有するつもりでいたので、利益確定する気はなかったのですが、いまは少し迷っています。
なぜかというと「Netflix」の麻薬に関するドキュメンタリー番組を見た際、売人は金銭の受渡しに仮想通貨を利用しているということを聞き、
…それから、仮想通貨に対しての見方が少し変わりました。

著名な投資家ジム・ロジャーズ著書の本で「仮想通貨」はいずれ国などの圧力で消滅するような話をされていました。
実際、いろいろな国でビットコインや他の仮想通貨のブロックチェーンという技術を利用したデジタル通貨が研究されています。

日銀が実験スタート、デジタル通貨

昨年末にはフェイスブックが社名をメタバースに変更し、デジタル通貨なのか仮想通貨市場に参入するようなことでも話題になりました。

話を少し戻します。ジム・ロジャーズは過去を重視する方で、歴史にとても詳しいです。
だから、もし過去の事例通りなら、ビットコインなどの民間で作られた仮想通貨はなくなる日がきっと来ると思います。

…現在、私の資産で仮想通貨が占める割合は25%程度です。とても高い割合なのですが、僕は仮想通貨ビットコインの価値は、現在の最高値(約$68,000)の7倍くらいにはいずれなると予想しています。
専門家の中には1ビットコインは1億になるという方もいました。

いくらまで価格上昇になるかわかりませんが。
それよりも、世界各国が導入しようとしているデジタル通貨の導入が早ければ
ビットコインなど民間の仮想通貨が潰される可能性もあるかもしれません。

昨日は、仮想通貨の下落で始まり、米国の株式市場も値下がり銘柄が多かったです。
私の保有している航空株と金鉱関連のETFも大幅な値下がりをしました。

21日の19時から22日の19時までの24時間で、16%の下落です。※リップル/ドルが参考値

…利確しなきゃいけないかなと思いますが、昨日しとけばよかったなとも思います。
まぁ考えても仕方がない。まだ現在も含み益があるので、このまま持っていてもいいと思います。

なぜなら、私が仮想通貨に投資をした理由は、仮想通貨の需要が増え、それに見合った価値がつくと思ったから。
これは短中期では考えておらず、長期的に考えての投資でした。

10年分の投資を仮想通貨に、昨年行ったのでもし、元本割れするようなら買い増しをすると思います。
さぁどっしり構えて、仮想通貨の行方を見守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。