笑いが止まらない

今日の仕事で笑い止まらなくなり必死に笑いをこらえるのに苦労しました。

いまの私の仕事は、現地の作業員さんと、遠隔地でのリモート操作を電話を使いコミュニケーションをとりながら行う仕事をしています。
この作業は、電話をする確認者と、実際に操作を行う者とで二人一組で行います。

そのなか、今日一緒に組む方は初日から、いろんなことを教えてくれた方ですが、実際に作業を共にするのははじめて。
組む人は変われどやることは同じなので、どんな順番で作業を進めていくのか手探り状態でした。

確認者側のがベテランさんなので、その方のやり方に従います。

私も半世紀近く生きてきたので、人に合わせるのには昔ほど苦労しません。

が、一緒に組んだ方は本当にせっかちで自信がないのか、まとまりがないのか右往左往したり、
電話の受け答え、話し方もまちまち。きっとこのベテランさんも緊張していたのでしょう。

実際の作業を行うにあたって、リモート側でも事前準備をするのですが、現場の作業員さんから連絡がくると
リモート側の作業は手を止め、作業員さんとの作業を優先します。

この作業は確認作業ばかりなのですが、間違いが許されないほど影響の出やすい作業でもあります。
だから、緊張するのもわかります。私はまだ新人なので、いつも緊張している…気でいます。

そんなとき、作業員さんから電話連絡が入り、現地の状態と手順書の内容が同じかどうかをチェックします。

作業員さん「OOOです」
確認者さん「はい。」
作業員さん「OOOです」
確認者さん「ヨシ!」

…実際に、緊張感のある場の雰囲気もないと伝わりにくいと思うのですが…タイミングと「ヨシ!」の勢いであとから笑いがくるくる。
だって…指さし呼称って安全作業には当たり前のことだけど…

電話に向かって「ヨシ!」はきついよー。笑ってしまうよー

しかも、この「ヨシ!」毎回なら慣れると思うのですが、ランダムに発生するので、油断したときに言われたり、
「次来る? いやまだか」なんて考えてしまうと、それもまた笑いになってしまって…本当大変でした。

電話に向かって「ヨシ!」と言う人。周りの安全作業を脅かす恐れがあるので、ほどほどにお願いします。…こんなに笑ったの久々で本当感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。