次回は

先日、数年ぶりに美容院にて散髪をしたことを書きました。
その仕上がりについては、不満はまったくなかったのですが、襟足や耳の周りの仕上がりをみて不満に気づきました。

けっこうギザギザな仕上がりでも、プロの仕上がりなのですね。
これは嫌味ではなく、美容院はこういう仕上げ方が正解なのでしょう。

なにかの記事で見ましたが、床屋はいかに揃えるか、美容院はお好みのスタイルに仕上げるかみたいな
ことが書かれていたので、それを参考すると、美容院では襟足や耳の周りのきっちり揃えるには場違いなのかな。と思います。

わたしは、よくセルフカッティングをしてきたので、今回のプロの美容師さんでこの耳周りの仕上がりは参考になります。
だって、これくらいの仕上がりなら私自身でも切れそうですから。

ご注意、素人のわたしがすごいというのではなく、素人とプロの違いは仕上がりにかかる時間であると私は考えます。
それから、仕上がりの精度もですね。素人はうまくできたとしても、プロの2倍以上の時間がかかるのは当たり前でしょう。
素人が行った仕上がりに関しても、一定ではないので「うまく」いけば「うまくいかない」というときもあると思います。
この落差がプロと素人での差だと思います。

だって、プロになるには、すごい勉強もして、すごい練習もしてきたはずですから、素人がかなうわけないです。これは当たり前。

ただ、自分の髪だけに限って言えば、美容院くらいに行く必要はほとんどないと再認識しました。

対価を払って、仕上がりに不満があるのなら、自分で切ってしまうのも手ですね。
と、私個人はおもいましたので、次回からはまたセルフカッティングをしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。