待ちに待った

待ちに待ったアップルウォッチが、昨日の午後に届きました。
午前中から待っていたのですが、時間指定できなかったので、いつかいつかと待ったけど、
届いたのは夕方で、仕事へ行く準備の1時間前ほどのでした。

アップルウォッチを注文したのは、1週間ほど前。

アップルウォッチより後に、社外品のバンドを複数注文しました。
こちらの社外品のバンドは注文から数日で届いたのですが、肝心のアップルウォッチは届かなかったので、
ただただ、バンドを横目に「はやく本体届かないかな」と思っていました。

そんなこんなで、やっと届いたアップルウォッチ。
包装されいてたダンボールは、いつものアップルストアで買うと付いてくる頑丈なダンボール。
頑丈だけど、親切に開けやすいようになっている点は本当に交換を持てます。

今回は、アップルとナイキのコラボモデルを注文したので、アップルウォッチ本体にもナイキマークがあり、
バンドもナイキモデルの純正とは違うバンド。とってもいい感じでした。

すこしアップルウォッチを使ってみて、残念だった点を書きます。

マスクをしているのが当たり前の現在。フェイスIDしかないiPhoneを使っていると、
フェイスIDが使えず、改札口をスマートに通過できず、かっこわるくゲートでひっかかることが
アップルウォッチを使うと、装着しているだけでロック解除できるそうなので、期待しました。

期待通り、通過できました。すっごい便利。

でも、一つ・・・かなりでかい誤算がありました。

誤算というのは、iPhoneのロック画面の解除しかApple Watchで解除できない点。
Apple Watchを装着していれば、インストールしているアプリはすべてロック解除できるとお思ったら、
iPhoneのロック画面を解除する時にしか作動しませんでした。 これ本当に痛い誤算。

このことを事前に知っていたら、AppleWatchは購入しなかったかもしれないほど重要なことでした。

まぁほかはデザインといい、機能面も特に問題がないので、全体的には不満はありません。

だけどな。やっぱりロック解除をすべてできると思っていただけに、これは本当に痛いと思いました。

ってなわけで、メモしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。