抗生物質

一昨日、一昨年に2日だけ就業した会社でもらった皮膚炎のために皮膚科に通院しました。
この皮膚科に通うのは今回で4回め、2回目から3回めの受診が1年くらいあいてしまいました。

前回も同じ、皮膚炎での通院だったのですが、完治しないまま通院を止めました。
理由としては、薬用シャンプーに切り替えたことで一時期症状が和らいだため。
…この症状が和らいだのは一時的なもので、しっかりと通院していればよかったと反省しています。

土曜日の受診だったので、待合室は超混み。受付をしなければ、帰宅したくなるほどの混みようでした。
診断内容は前回の受診とほぼ同じ。ただ処方された塗り薬ではまったく効果がなかったたことを医師に伝えると。

「抗生物質のはいった薬に切り替えますね」と一言。

私は、病院はあまり好きではないので、ほとんど病院にいかずに生きてきました。そのせいか抗生物質の薬についてほとんど服用したことがありません。

薬局で、処方された薬をもらう際に、

「抗生物質の薬のんで気分悪くなったことありますか?」

みたいなことを聞かれました。

わたしは即答で「飲んだ記憶ないのでわかりません」と答えました。

すると、薬剤師さんはなにも答えなかった気がします。

まぁそれはいいとして。

土曜日の英語の幼稚園からの帰宅後、子供に風症状が現れ、至近距離でくしゃみをされたり、
鼻水処理などがあったため、感染しないようにと手洗いと風邪薬で風邪予防をしました。

と、そのあと、出勤の支度をしていたときに、処方された薬が目にはいり、薬を飲みました。

服用してから30くらいして、ふらふらするなと思うくらい。
バランス間隔がなくなったときがありましたが、気のせいだと気にしませんでした。

会社につき、夜勤初日は睡眠不足もあって、睡魔に耐えれる気がしないので、エナジードリンクを飲みました。

それから5分くらいして、ぐわんぐわん目がまわり始めました。
泥酔したような間隔でした。薬ってこわいですね。

この日の勤務も業務を交代してもらえるような人員に余裕がなかったため、きつかったです。
しかし、きつい理由は自分のせいなので、反省しました。

薬を飲む際は気をつけようと思います。
空腹では飲まない。違う種類の薬を同時に飲まない。などなど。

体調維持できないのは自己管理ができていない証拠。
恥ずかしいので、2度と同じ失敗はしません。

…自己管理。はやくこのお腹どうにかしなくては、はずかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。