3回目のワクチン接種

4月30日の昼前に、新型コロナワクチンの3回目の接種をしてきました。
歩いていける距離で接種できたので、楽ちんで良かったです。

2回めの予約の際、希望日にとりあえず接種を予約してから、徐々に近い場所に予約変更をしてく方法を覚えました。
今回も同じ方法で、徐々に近い場所に歩いて15分くらいのとこで予約できたのでラッキーでした。

ただ、予約した会場が産婦人科だったので、男がいると肩身狭いのは僕だけでしょうか。
子供が生まれる前、妻の付添で何回も産婦人科にきていたけど…そのときは妻がいるから気にしなかったけど…

まぁそんなことを考える歳でもない中年です。待合室が満杯で、履物を脱ぐスペースは靴だらけ。
そして、患者さんはほとんど女性なので、肩身は狭かったけど、受付の際

「時間かかると思うので、待合室の外で待っていても大丈夫ですか?」といったら快くOK頂いたので問題なかったです。

2時間くらい待つ気で、LPICの問題集アプリをやって待ちました。
30分くらいで順番がきて、少し問診を受け、違う部屋で接種でした。

ワクチンの接種は看護師の方がご対応くださりました。

看護師さん「アルコールで消毒しても大丈夫ですか?」
私 「はい。大丈夫です。」
看護師さん「副反応はでましたか?」
私 「いえ。手が痛いくらいでまったく出なかったです。」
看護師さん「それはラッキーでしたね。みなさん、副反応でるのが怖いみたいですよね」
私 「本当ですね」と、同時に注射打たれました。

注射のタイミングにびっくり。そして、注射されている感あるくらいグイグイ感を感じたので一回目のワクチン接種を思い出しました。
一回目の接種の際は、少しして打った腕が少ししびれている感じがして、その12時間後には逆の手が同じ症状でした。

にしても、この不意打ちのようなワクチン接種。おもしろい。
接種してから15分は安静していなくてはいけないので、時間を書いた紙をを渡されるのですが、その紙に時間を書く際に僕の腕をクイっとまわす看護師さん。
僕の腕時計で時間を記録していました。私よりも年上の看護師さんでしたが、こういう仕草ってドキっとするのは私だけでしょうか。

個人的には、こういう女性の仕草は好きです。…話しそれました。

接種から1日が経ち、頭痛と微熱が出てきましたが、これは肩こりのせいかもしれないので、なんともいえません。
3回目の接種は2回よりもつらいと聞いていたけど、結果、僕の場合はほぼ変わらずでした。

2回めの接種してくらた先生は、本当打たれたのもわからないくらいの神業だったので、本当は打たれていなかったのかも。

それに比べると、ほんのちょっと副反応があった気もしますが…

とりあえず、ワクチン接種も終わったし、またコロナにたいして少しバリア効果あると思うので、安心です。

ってなわけで、勉強しまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。