近所で面談

今日の面談は、第一希望の就業先でした。

第一希望なのは、仕事内容に魅力を感じたというわけではなく、通勤時間30分弱だからです。

仕事内容としては、調整業務が中心のため、技術的な知識は固定電話回線に関する初歩的な知識で問題なさそうです。

 

待ち合わせ場所は最寄り駅、西口と東口を間違った待ち合わせ場所を教えられ、無駄に歩きました。

ここは最寄りの隣の隣の駅。それでも駅前のファーストフード店の場所を把握していることに自分でもびっくり。

わたしの記憶通り、指定された側には指定のファーストフード店はなく、結局反対側に行きました。

 

店内に入ると、入り口前に不審者のように営業の担当者さんが立っておられました。

お互い2度めの顔合わせのため、恐る恐る挨拶。本人でした。

待ち合わせ時間より15分くらいはやかったため、コーヒーをごちそうになりました。

それから、派遣会社の担当者とは別れ、派遣会社の派遣会社の担当者と現地に向かいました。

 

派遣会社の派遣会社の担当者さんは、Web上では反応が悪かったですが、面と向かうとちょっと反応がよかったです。

 

就業先は駅から10分ほど歩いたところにありました。

正門前に受付の警備員がおられ、ここで入館プレートを手書きで記入しました。

記入の内容は、入館時間・自分の会社・氏名・訪問先の会社・訪問先のご担当者。

退館する際にカードの返却するようです。

 

派遣の派遣会社の担当者と、派遣先のビルのロビーで待つことに。

待ち合わせ時間から10分くらい遅れて担当者さんが来ました。

 

食堂での面談となりましたが、この食堂の中の区切られた場所での面談で、空調が止まっており暑かったです。

 

派遣先の担当者から、仕事の概要を聞きました。

この担当者さん、私の引率者の派遣の派遣会社の担当者に向かって話してました。

業務を担当するのは私のはずですが、派遣の派遣会社の担当者に話すのなら案件の内容を説明する際にできるのでは?と思いました。

派遣先の担当者さんは、管理職の方と現場の責任者の方が二人(この二人は遅れて面談に参加 ※名前の紹介は一切ありませんでした)

 

派遣先指定の時間に遅れ、面談に参加の担当者も名乗るどころか挨拶もなく途中から参加。

こういうのは社風なのでしょうか。イメージ悪く感じるのは私だけでしょうか。

 

面談前に無意味な待ち時間の際、正面玄関から退社する方たちに挨拶をする警備員さん、

それに答えもせず無言のまま退社する人が多かったです。こういうとこ、私は見逃しません。

私個人の意見では、こういう会社好きになれません。

 

面談の内容は業務とは関係のない職歴を聞かれ、私が応募した業務は6ヶ月で終わってしまうため、その後はサーバ構築業務に移行して頂きたいけど、

私の経歴からみて、それは無理だと判断。だから6ヶ月での就業でお願いしますとのこと。これも意味分からなかったです。

求人には期間は書かれていなかったのですが、派遣の派遣会社との面談時に担当者から6ヶ月の案件と聞いていたので問題ないです。

ところが、派遣先では「その後はサーバ構築も考えているが、素人では無理」と、この会話いりますか?

サーバやネットワークの会社に来るとかならず思うのが、「俺らの仕事すげー」的な発想。

たしかに初めから熟練者と同等のスキルは無理でしょうが、全体像と内容分かれば、すぐ追いつけます。その程度の仕事です。

 

サーバ構築の業務経験はありませんが、自己学習では数年行ってきたので、こういう言い方されるとカチンときます。

私「サーバ構築に対象は、Windowsサーバーですか?」と聞きました。

派遣先の担当者「WindowsだけでなくLinuxもつかってます」との解答

私「Windowsサーバに関しては触ったことがないのでわかりませんが、Linuxはサーバ構築経験あります」

私「私の保有する資格ではサーバ構築も出題範囲でしたので知識はあります。ただ業務での経験はありませんが」

派遣先の担当者「Linuxはそこまで多くを使わないので、それであれば私達が教わりたいです」

 

僕の言葉にトゲがあったかな。優しい口調でいったけど。こういうところがIT業界で嫌いだったところだから反応してしまいました。

Linuxをほとんど使わないのなら、回答は「Windowsサーバだけ」でよかったと思います。

 

うーん。この会社きらい。…とはいえ、6ヶ月くらいなら我慢できるかなとも思いますが、結果は水曜日ですのでまだわかりません。

 

別の案件もそうなんですが、開始日が二転三転するのが、こういう業界は当たり前なのでしょうか。

もし、そうなら本当に日程調整してらっしゃる方無能ですね。

 

明日は、登録のWeb面談

明後日は、業務委託の会社での記名押印

明々後日は、前職と同じビル内業務、現地での面談

 

仕事探しに2ヶ月もかかりました。仕事探す時間って、本当に無駄ですね。

次回の転職時に役立てますが、金銭をいただくことを他社での就業に頼るのが原因だと思いました。

他社での就業は私の現状の人生設計においては節税のため必要です。

 

必要ですから、次回は無駄な時間(仕事探す時間)は、今回よりは短縮するつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。