派遣の派遣はダメ

今日、6月まで就業していたビルで、派遣先の担当者と顔合わせをしました。

今まで通っていたビルなので、道中は通勤していたときを思い出します。

 

前職の初日に待ち合わせ場所での待ち合わせでした。

 

ここでも近所の案件と同じように、担当者は遅れて到着。

ただ、今回は面接を受ける側が私だけではなく、もう一人いて、その人とおしゃべりしてたので全く気になりませんでした。

と、この方、すごい経歴の方で、業務経歴書がびっしり書いてあって驚きました。

しかも、面談の際に、自分で話すことをメモって来ていて…なんの準備もしていない自分が恥ずかしくなりました。

 

お年は私よりも、かなり年配でしたが、こういう方が問題なく就業できるというのは自分の励みになります。

ぜひ、この方からいろいろ学びたいと思いました。面談で採用となれば、この方と同期になりますので。

 

就業先の方と、話す際は、簡単に自分の自己紹介だけという感じでした。

就業先の方と、派遣の派遣担当者の間では信用がかなりあるらしく、人選に関して全く疑いを持っていませんでした。

なので、年配の方も私も採用という前提で、こんな経歴の人間で、すぐに対応できると思います的な内容での面談でした。

 

今回、年配の方と私が採用された内容としては、前任者から業務を引き継ぎ、リーダーとサポータの役割として就業する…らしいです。

現地で初めて聞きました。ただ、この就業先の一番は金銭面で、はっきりとした金額面の提示がなく、前回の面談でもざっくりとした金額しか聞いてませんでした。

 

残業も当たり前のようで、毎日2時間くらい残業らしいです。

残業代がしっかり出るのであれば、まったく問題がないのですが、これについても何も聞いていませんでした。

 

8月1日から就業してください。的な感じで言われましたが、前任者に仕事を教わるのに、

出勤を調整するとのことで開始日は後日とのこと。 で、解散。

 

帰宅途中に、派遣担当者にショートメールして、採用になったのでハッキリとした金額をお聞きしたいと報告しました。

 

すぐ、電話がつながり「先日、提示した金額よりも高いと思いますので、ご安心を」と担当者。

月給なのか時給、月給制の場合はみなし残業はあるのか、残業の場合に基準となる金額はどれか。など聞きました。

 

それからすぐに折り返しの電話がなり、さっき話した内容とはまったく違う話をしだす担当者。

時給換算だと、前職とほぼ変わらない内容。さらに、みなし残業が30時間。

残業が当たり前の会社で、みなし残業30時間とか引き受ける人いるんでしょうか?

 

忙しいということでの激務というのは、大歓迎なのですが、忙しいけど賃金は出ませんでは、話が違います。

だいたい、モチベーションが上がらないですね。事前に確認しておいてよかったです・・・というか面談前に確認しとけばよかったです。

 

同期で就業予定の年配の方と一緒に仕事をしてみたいというのはすごいあるのですが…条件は良くないですね。

さて、どうしましょう。もう少し考えてみたいのですが、即日勤務開始らしいし、なかなか時間がない。

 

それから、2ヶ月で前任者の業務を引き継ぎ、そのあとは担当者の人数も縮小されるらしく、現状よりも激務になるのはわかりきってます。

忙しい仕事は大好きなのですが、そもそも業務が面白いのかも謎です。迷います。

 

どれくらい前に開始されたプロジェクトかわかりませんが、いまだに手順書もロクにないそうで、ミスも多発していたらしいです。

そのミスが激務の原因であれば、ミスをなくして業務を進めていけば、激務ではなくなるのですが…14人でそんなアホなことしているのでしょうか。

 

うーん。興味ある。分析して改善案、効率化するとか…楽しそう。

就業先も慣れた職場ですし、金銭以上の価値がありそうです。迷う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。