転職先を選んだ理由

求職活動をはじめて2か月。内定もらったのは、4社程度。
内定をもらった条件は、私の希望条件は、給与面と待遇面ともに条件は悪いものだけでした。

これが現状の答えです。それなのに、少しでもより良い条件を探しましたが…時間の無駄です。
これは宝くじを当てるよりはかなり高確率でしょうが、確率は低く、探すのが困難です。
その間にも時間という資産を無駄に使っているのが現状です。これに気づいた時点でやめるべきです。

ってなわけで、先日書いたとおり、前職と同じビル、同じフロア内での、別プロジェクトの案件で働かせていただこうと思います。

この案件は、都内で通勤ラッシュが想定できるので、始発に近い電車に乗るため家を出るのは5時通うつもりです。
で、この案件は残業が平均で2時間以上なので、それも想定に入れると、家に着くのは21時。
16時間 この時間には空き時間もあるので、計画通り実践すれば日に3時間以上は勉強は別の仕事に時間をとれる。
となれば、今後受験予定の資格の勉強もできます。

難しいですが、挑戦しなきゃできないので、頑張ってみようと思いました。

話まとめます。

前職もそうですが、通勤時間も勤務時間に含めると、かなり時間単価が低いです。
この点について、資格取得もしたし、より単価の良い案件を探せると思って転職しましたが、考えが甘かったです。

それを踏まえ、労働条件の悪い環境に身を置き、性根から自分を叩き直そうと思います。
ただ、すこしだけ気になるのは家族との時間が週末以外はまったくとれないこと…。 これもプラスに使います。

私が働くのもスキルアップするのも、すべては家族のためです。…と書きたいけど、自分のためですね。間違えました。
個人的な意見ですが、一家の主たるもの、家族が何不自由なく暮らせたら、それが私の幸せだと思っています。
なので、8日からはじまる職場では、残業をなくすような仕事をしていきます。

そうすれば、家族との時間もつくれるし、時間単価もあげれます。
いろんな会社で働いたからか、こういう効率化して時間短縮する仕事は、私大好きです。

8日に始まる会社を選んだ理由をまとめます。

労働条件の悪い環境は自分の考え行動を改めるチャンスと考え、職場ではプロの方と一緒に仕事ができる点も私には得るものが多いです。
職場としては、前職と同じビル、同じフロアなので、環境としては慣れてるのはいい点。
だけど、前職のプロジェクトチームと席が違いのは面白いけど、すこし気持ちが乗らない気持ちもあり、微妙な感じ。
最後に一緒に入社した同期が、通信業界歴35年弱の超ベテランさんがいるので、この人の仕事や知識を盗むのが一番の目的です。

”35年分の知識を盗みつつ、自分のすきな業務の効率化して残業をなくし、目指している資格も取得する”

さて、今回の求職活動で感じたことを書こうと思ったけど、やっぱ、別記事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。