転職後の仕事

転職したけれど、前職と同じビルで同じフロア。
デスクの位置と所属するチームが違うだけなので、自販機の場所や食堂の場所、トイレ。
特定の階数しか止まらないエレベータなど、ビル内の勝手は熟知しています。

そのせいか、緊張感があまりなくて困っています。

20年以上、夜勤で就業してきたので、その間昼で働いたのはダブルワークで短い期間。
求職活動が1か月くらいあったので、この期間に昼型に修正すればよかったのだけど、いまさら言っても仕方ない。

と、いいわけを列挙したのですが、とにかく眠い。
OJTを受けるのはいいのだけど、実際に手を動かして作業をしたらなんてことない。
でも、いままでのチームと比べると、使用するファイルは極端に少ない。

ただ、手順書の作成などは、見慣れないファイル、専用システムを使うので、そこは実際に使ってみて疑問を洗い出すしかない。
…と思うと、さらに眠気が強くなり、2日目はひどかったです。

睡眠時間3時間くらいでは、私には耐えれなかったです。寝ても、寝れない時間での睡眠だからか、すぐ目が覚めてしまうので睡眠サポートサプリを導入。
3日目は、少しマシになりました。しばらく、これとエナジードリングで対応しようと思います。

2日目にパソコンが支給され、ログインのためのアカウントも発行されたけれど、
必要なファイルやネットワークドライブへのアクセス権はまだないため、やることが限られます。

3日目は、朝から手順書を熟読することを命じられ、疑問個所はその都度聞いてくださいと指示を受けたのだけど…
手順書は、まだ未完成ではあるけれど、かなり作りこまれていて親切設計。これには感心しました。

同期のベテランさんは、同じとこで何回も聞いてました。同期が物覚えが悪いというつもりはなく、これは本当にわかります。
通常の業務と同じようなファイル構成で、実際手を動かして、フォルダやファイルを移動したり、命名したり。
ファイルも作成していくほうが、イメージがわくと思います。

わたしが6月までいたチームは作る書類が大変多かったのだとわかりました。
で、その時のチームの工程は、工事・評価業務だったらしいです。

新しいチームの手順書で初めて知りました。で、現在の業務は「調査・設置」だったかな。

予定された工事に伴う、機器の設置場所の空きを確認。なければラック自体も設置するため発注処理が増える。
あとは、機器を入れるには端子盤とFUSE盤の確認などなど。FUSE盤に関しては前職ではない業務でしたが、あとは同じ。

機器も見慣れない型番が出てきますが、必要とされている機能が違うのでWDMという波長分割多重装置と
メディアコンバータという信号変換する装置の設置が主みたいです。

スイッチやルータに関しての知識は要求されなそうです。ただ、電源容量等を気にするのは新しい業務でわくわくが止まりません。
それから、前職は請負会社への派遣だったので、その会社のやり方に従う必要があったので、ツール作りなどかなり制約があり面白くなかったのです。

今回は業務委託になるので、ツールなどは自由に作れそうなので、その点もワクワクが止まりません。
現状わかっているのは、共有で記帳するファイル数値を精査するツールがあると、業務がかなり短縮できると思いました。スキ見て作るつもりでいます。

就業するきっかけになった会社には不満がありますが、結果は良い環境です。
まだ終わりは考えず、自分にプラスになるとこで、すこし長めに就業しようと思います。

ポートフォリオ(成果物)に業務経験、スキルに資格、すべてが用意できたら転職したいです。
…とはいえ、転職活動も日課にしているので、このままいくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。