あたらしい仕事 – 業務委託 –

転職して、もう少しで一ヶ月。はやいものです。
さらに、あと一ヶ月すると、また転職です。これまたはやいものです。

現在、数社で案件を探してもらっています。
本当に探している感じがするのは現在のところ、日本人の経営している会社ではありません。
と、現在所属しているとこも、しっかりと成果を出してくれているようです。

派遣・契約社員・業務委託など、働き方は私は特に気にしていません。どれでもいいです。
社員でもいいけど、ずっと社員になったことないので、このまま社員は一生経験しないのもいいかもと考えてはいます。

まず、業務委託で契約を交わした会社について書きます。

ここは求職中、かなりチャラい感じで契約しました。業務委託の契約書です。
この手の契約はハジメテなので、比較的しっかり規約内容を確認しました。

おしゃれなビル、きらびやかな女子に案内され、元きらびやかな女子に説明を受け契約しました。(失礼な表現を含みますが、ジョークです)
契約を交わし、この社の規則に従ったスキルシートの制作を求められました。なんでもいいから詳しく書いてと言われたので、ものすごい詳しく書きました。
どれくらい詳しくかというと、自分が読む立場なら、読みたくないほどです。ただ、その中で、一番読みやすく文面は整えたつもりです。

このスキルチェックシートを提出してから、まった紹介の話がありません。…ただ、これは想定内でした。
さらに日が経ち、シート提出から2週間くらいが立った頃「相談があります」というメールが届きました。

契約前は、案件があると言っていたのに、紹介できる案件がない模様。これも想定内。
すると、「業務委託の契約ではなく、契約社員の契約でも就業可能か」という内容の質問。
その場合の給与の下限を教えてくれとの内容でした。

面談覚えていますか? 
面談時に希望金額を言いましたし、雇用形態はこだわっていないとも答えています。
そもそも、やる気有るんですか?と聞きたくなったが、それは仕方ない、もうすぐ50歳に近い僕の年齢では、
もうなにも覚えれることのない、棺桶に片足を突っ込んで、ハゲ散らかり、性欲もなくなった男性失格の人間相手だからそうなるのでしょうか。

なるだけ、ひどい言葉で自分の年齢と同じ世代を表現してみました。

ただ、僕は文にして書いたのは、何十社も面談をし、書類選考で落とされる現状を目にして、そう思われているから書いてみました。

正直いうと、「ふざけんな」です。これについては別記事で書きます。

契約を交わしても、それは現状での契約なので、死ぬまで自分の価値をあげていくのが私の目標の一つです。
だから、時間が経てば立つほど、私の希望報酬は上げていくつもりです。

だから、この業務委託で契約した会社での就業は今後ないと思いますが、成果物の提出するような案件であればうけたいです。
ただ、それには現在の僕には、提出する成果物がありません。(正確には、過去PHPで制作したスクリプトあるけど、動かし方忘れてます)

成果物の提出するような案件であれば、フリーランスとして自分で案件を獲得していくほうが単価いいと思います。
次の目標はここです。年内に、給与以外の収入を得るのもの、今年の目標なので…はやく実現しなくてはと焦っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。