超激怒

昨日の昼前に、僕側の派遣担当者(正確には契約社員契約)から着信アリ。
就業先と関係のない電話は、基本急用を要しないものはとらないです。

まわりの方たちは、私用の電話もとっているので、職場的には自由。
でも、僕としてはいままで就業してきたとこで、「とらない」が常識化されていました。

現在の現場では、「電話をとるが当たり前」で驚いています。

昼休み中。担当者に電話いたしました。本当は退社後に電話しようと思ったのですが…
だいたい、電話連絡してくるのは「合格しました。おめでとうございます」という話でしょう。

なぜ就業中電話をとらなくなったのか思い出しました。

20代前半の頃、神奈川にある中古車ショップで人生初の車を購入しました。
このショップは、強引な手口で、おとり広告(掲載中の車は現地に無)で、すぐに契約してくださいみたいな、
冷静に考えたら買う価値のないものを売る商売にでよく見る手口です。
そう。この会社があったのは神奈川でした。さらに、このショップは信じられなかったのが納期が1ヶ月以上遅れ、催促してやっと到着。
さらには、ホイールが欠陥で空気漏れ。走行距離も購入したときとは違っていました。
僕の車購入は、こういう散々なものでした。

と、話を戻します。この中古車ショップが納期後にわざわざ会社に電話をしてきました。
で、一声が「最高でしょ?」どっかの宗教の勧誘でしょうか。こんなことを言うために、会社に電話すべきでしょうか?

上記の内容も非常識ですが、さらに非常識だったと感じた当時の僕です。
僕も上記のような信じられない会社で契約してしまうくらい非常識な人間だったのに、その人間からしても非常識の極みだったと記憶してます。

なんで車ショップの話をしたかというと、僕の現在の派遣担当者の住まいは神奈川。
神奈川県民全般には言っているのではなく、さきほど話した中古車ショップと同じノリです。
そーいえば、この派遣会社も元車屋で始まったそうで、事務所の場所探すと、グーグルマップには存在しません。

と、電話の話に戻します。

電話の内容は思い通り採用の話。でも、僕のテンションはマックス低いです。
さらに、昨日の最悪の面談のあと、採用しているのかについて、さらにイライラしてきました。

しかも、採用という話を頂いてから、当人に関係のないところで話が進んでいるということです。
この派遣担当者には、現在の現場の就業前にも注意しました。

「雇用契約を後出しにするから、モメるんですよ?」

金額面に雇用条件、すべて相応の同意を得た上での契約締結でしょう。
ふざけた話です。これに対しては書ききれないので、明日以降、続き書きます。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。