もがく -理由 : 計画に遅れが生じている- 補足

補足情報として、仕事にかんして書きます。

2021年の給与所得が205万円についてですが、週に4日、実働6時間の仕事をしていた結果です。

資格の勉強を優先するという名目で、2020年に就業先を一本化しました。
2020年は6月までWワークをしていました。

Wワークの内容は、チルド倉庫での物流仕事と、青果工場での資材引き渡しの仕事です。
時間単価と職場環境、立地面から収入は減るけれど、後者を残しWワークを2020年6月でやめました。

仕事の内容については、以前書いた気がしたので、割愛します。

物流の仕事は拘束時間9時間(休憩時間含む)で日給で10000円くらいだったと思います。
青果工場の資材引き渡しの仕事は拘束時間6時間(休憩なし)で日給で9450円でした。
とはいえ、勤務日でいうと物流の仕事の方が週に1日多いので、一か月40,000円以上、給与に差がありました。

拘束時間、3時間の違いで差額550円程度です。

Wワークをはじめたのが2020年の2月で、ちょうどコロナ禍になりだしたころでした。
このころ、家の事情もあり、将来を本気で考えました。

体に負担が多い仕事で、精神的にもよくない環境であった物流の仕事をやめ、
青果工場の資材引き渡しの仕事と資格取得の勉強をする生活を始めました。

とはいえ、今思うとし遊ぶ時間を増やしただけの気もします。

ちなみに2020年の給与取得は300万ほどになっていたと思いますので、2020年から2021年は収入が32%程度減少した計算になります。

それを考えると2022年、去年やっと今までと同じような年収に戻ったということになります。

他の収入もありました。

株式や、その配当として、2021年は60万程度の利益、2022年は30万程度の利益です。
2021年から2022年でだいぶ、利益減っていますが、これは譲渡益がほとんどないのと、投資額が減少したせいです。
それと、損切して30万程度マイナスを出したのも理由です。

以上、書いておきたかった補足でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました